文字では腹は膨れない

でも栄養にはなるのです

【スポンサーリンク】

英語のリンクをシェアして「まじかよ」って言っとけば頭いいやつっぽく見える説

SNSとかでニュースのリンクとかに感想を添えてシェアするのはよくあること。

そのトピックのチョイスや、その感想の深さでその人の頭の良さがわかったりするものです。

 

俺もなんか情報通なセンスあるやつと思われてえ……

 

そんな皆さんに朗報です。

簡単に頭いいやつっぽく見える方法があります。

続きを読む

夏休み短縮なんてダメでしょ

今朝ニュースを見て知ったのですが静岡県の吉田町というところで、

来年から小学校の夏休み短縮が行われる予定だそうです。

夏休みを、お盆前後の10日間程度に短縮する代わりに、

1日あたりの授業時間を短くするという試み。

 

個人的には反対だなあと思うわけです。

 

ニュースでは、

子ども、学校、保護者、

の三者にメリットがないとダメだという話をしていたのですが、

そもそもそこから違うと思うんですよね。

 

どう考えても、

日本の未来を背負っている子ども達にメリットがある選択をすべきでしょ。

保護者や学校側に関しては二の次だと思うわけです。

 

で、その前提に立ったときなぜ反対なのかというと、理由は単純で、

 

日々の授業が短くなることによる価値よりも、

圧倒的に丸一日休みであることの価値のほうが大きいからです。

 

放課後の時間が数時間伸びたところで、そこで何ができるでしょうか。

宿題をやる時間が増える。

友達とちょっと長く遊べる。

習い事ができる。

たしかに何らかのプラスは得られるのですが、

夏休みを削ってまで得にいくものだとは思えません。

 

夏休みのように丸一日休みであれば、

友達と遊ぶことはもちろん、

山に行ったり、海に行ったり、遊園地に行ったり。

一日かけて何かを作ってみたり。

アホみたいにゲームやりまくってみたり。

時間がないと出来ないことが出来るんですよね。

勉強ももちろん必要ですが、それよりももっと必要なのは経験だと思っています。

子どもの頃にした経験は、強く心に刻み込まれ、

将来の夢を形成し、その後の人生のモチベーションになったりするものです。

 

夏休みを短縮し、日々の授業の時間を短くする。

数字だけ見ると、休みの時間、授業の時間の比率は変わっていないと思うのですが、

明らかに、経験の機会を損失しているということを認識すべきではないでしょうか。

 

 

ところで僕も、

1日あたりの働く時間増えても構わないので、

週休3日になったりしませんかね?笑

土日と水曜日が休みだと嬉しいなあ。

 

と思いながらの出勤でした。